苫小牧グリーンホテルスタッフのブログ
北海道苫小牧市表町5-6-1

2017年08月31日

三星(みつぼし)

「よいとまけ」という

日本で一番食べづらいとされるお菓子で有名な

三星。

大きな店舗には、イートインコーナーがあり、
三星の商品を買って利用可能。

そこではなんと、コーヒーが無料なので、
おいしいパンやケーキを買ってすぐに、
お得に楽しめます。

これはおすすめ!

CA3E0632.JPG
三星本店のイートインコーナー

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月30日

パワーコメリ

近年苫小牧にも進出してきた
大型ホームセンター

「コメリ」

もともと北海道はホーマックに支配さsれていますが、
そこにあえて進出してくるとは・・・。

コメリの良いところは
価格が税込み表示で分かりやすいところ。

また、

「チラシやカタログなどで他社が扱う商品の価格を提示すれば、そこから10%値引き」

という価格保証制度あり。

これはすごいですね。

CA3E0628.JPG
究極の低価格へ

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月29日

クノール スープパスタ

クノール スープDELI エビのトマトクリーム スープパスタ

最近のカップスープは、どれも
非常によくできています。

高級レストランで、高級な器で出されたら
わずか100円足らずのカップスープだとは
夢にも思わないことでしょう。

実績のある、クノールから登場の、
この長い名前のスープも
想像以上の旨さです!
CA3E0627.JPG
パスタのようなスープ

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月28日

独特の食べ物36

日清からとうとう出てしまいました。

「ブラックシーフードヌードル」

想像通りの「イカ墨」式。

添付の「イカ墨ペースト」を
入れなければ、
普通のシーフードヌードルみたいな感じです。

お湯を入れて3分たった、ヌードルのカップの中に
イカ墨ペーストを投入!

〜イカ墨ペーストを入れない選択も可能ですが
さすがに意味がありません〜

そして、ブラックシーフードヌードルの
出来上がり!

(BGM パイレーツオブカリビアンのテーマ)

さあ、ブラックパール号と共に新しい味覚の旅へ・・・!

DSC09700.JPG
そして伝説になる

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月27日

旅する氷結

キリンの定番、氷結シリーズから

新シリーズ登場。

その名も「旅する氷結」

この海外特集シリーズは
世界各国の旅先で味わえる人気のカクテルを
気軽に自宅で楽しめるようにしたもの。

引き締まった甘い旨味。
この絶妙の味わいは
まさに氷結シリーズならでは。

さすがはキリンです。

DSC09704.JPG
ベネチアンスタイル ピーチアモーレ
これほどスムーズな桃のチューハイは
他にはない

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月26日

独特の食べ物35

ポッカサッポロ プロデュースの
カップスープシリーズ

「辛王(からおう)」

今回はユッケジャンに挑戦。
前回は辛さレベル5の「炎の海鮮チゲスープ」
でしたが、ユッケジャンは辛さレベル4。

この5と4の辛さの隔たりは大きく、
5の辛さは4の比ではありません(比か?)。

マイルドな辛さのユッケジャン。

これにも、
「ご飯を入れてもおいしく食べられます」と
書いてありますが、

むしろ、ご飯を入れて食べないと
クリープのないコーヒー以下だろ!

と言いたい。

海鮮チゲほどのインパクトはありませんが、
侮れないうまさのユッケジャンでした。

CA3E0624.JPG
NEWという表記が渋い

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月25日

カレー

レトルトカレーも戦国時代。

すでに味や具の技術は熟成の時期に達しており、
下手すると安売の勝負ばかりとなっております。

そんな中、セブンイレブンの商品
「セブンプレミアム」の珍しい(?)カレーを発見。

たいていのレトルトカレーが100円前後なのに対し、
こちらは200円台半ばの料金。

その名は「ほうれん草とチーズのカレー」

グリーン色のそのカレーは
深い味わいにリッチな香辛料の香りがします。

旨いことには違いありません。

しかしまた、ハウスの「カリー屋カレー」激辛(100円くらい)を
食べたくなってしまうのは
なぜなんでしょうかね。

CA3E0625.JPG
高いだけのことはある

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月24日

ラッキーピエロ まんじゅう

函館の超有名ハンバーガー店

「ラッキーピエロ」

「まんじゅう」をゲット!

ゴルフボールよりひとまわり小さいサイズ。

あのジューシーなハンバーガーのイメージが蘇る、
パッケージイラスト。

これほど期待を持たせるまんじゅうは、
知床の「オーロラまんじゅう」以来です。

DSC09642.JPG
一体どんなまんじゅうなのか!?
このあと信じられない光景が・・・!

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月23日

レッドシーフードヌードル

日清から限定発売のカップヌードル

「レッドシーフードヌードル」

シーフードヌードルと言えば数十年前からある
定番商品ですが、

ここ数年はすっかり買わなくなってしまいました。
比較的価格が高いのもありますが、
この「シーフードヌードル」の味が
すでに食べなくても分かるほどなので、
ほかの新しくよりうまいシーフードのヌードルを
追い求めてしまいます。

結局シーフードヌードルを超えるのはシーフードヌードル
だけではありますが・・・。

今回のレッドシーフードヌードルは
文字通り
シーフードヌードルの「辛口版」。

細かいパウダー系の唐辛子の辛さが
程よく効いて、刺激的な味わい。

でも、基本はあのシーフードヌードルの味のままです。

DSC09589.JPG
想定内という偉業


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月22日

苫小牧 看板

苫小牧の幹線道路の中央分離帯には
しばしば面白い看板が
立てられていることがあります。

主にごみのポイ捨てを注意する看板。

「ごみを捨てないでください」

と書いてあります。

CA3E0617.JPG
これは捨てられない!※
※看板がなくても捨てません

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月21日

登別マリンパーク ニクス

北海道内の水族館としては
やや高級な水族館

「登別マリンパーク ニクス」

バブル期がなければ誕生しなかったであろう
その堂々とした風格は見事です。

ヨーロッパ調に仕上げられた園内には
音楽もそれあわせてヨーロッパの民族音楽が。

安心してください、欧米ですよ!

と言いたい。

おすすめはイワシのショー。
解体して刺身にするわけではありませ。。

それほど広くない地価の空間で
イワシのショーは展開。
専用イワシ水槽に1万匹のイワシが群れを成して泳いでいます。

ショーが始まる前の薄暗い会場から出たがって、
数人の小さな子供が泣いていましたが
ショーが始まり、爽快な音と光がイワシの水槽からあふれだすと

みんな泣き止んで、美しく水中を舞う
イワシのショーにくぎ付けになっていました。

まさに泣く子も黙るマリンパークです。

DSC09681.JPG
たべたくなる、なる! ※
※なりません

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月20日

スタンドアップパドルボード

最近水辺で、妙な光景を見かけることが
多くなりました。

〜水面に人が立っている〜

水に浮かんだボードの上に人が立って乗っているのですが、
水上に立っているように見えます。

その正体は

「スタンドアップパドルボード」

サーフボードをより気軽に楽しめるようにした
このアイテムは、波のない場所でも専用のパドルを
駆使して、楽しむことができる
サーフボードです。※

今年はほぼ夏が終わってしまいましたが、
来年はやってみたいスポーツの一つですね。

※専門家ではない者が自由に記述しています。
KC4H0104.JPG
支笏湖 ポロピナイ地区の光景

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月19日

後の祭り

今年もとうとう「盆踊り」も終わってしまいました。

夏の終わりを告げる「盆踊り」

一方、このイベントは、
基本は踊りなのでしょうが
すっかり露店に気を取られてしまいます。

〜先祖を供養するための踊り〜

花より団子といったところでしょうかね。
KC4H0111.JPG
踊りましょう

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月18日

秋味

盆踊りも始まり、
巷はすっかり晩夏モード。

夏の終わりへとどめをさすアイテムが
今年も登場。

ビール「秋味」

キリンの大御所「秋味」を筆頭に
各メーカーから秋のビールがフルラインナップで
登場していましました・・・。

もう(すぐ)秋ですね・・・。

DSC09645.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月17日

白老 ポロトコタン

苫小牧のおとなり、
白老には、ポロトコタンと呼ばれる場所があります、

ポロトコタンとは、先住民族の言葉で、大きな湖の集落。

現在、ここでは、先住民族の文化を知ることのできる
巨大な博物館とともに、再現された先住民族の
住居がいくつも並んでいます。

彼らの伝統の歌と踊りを、専門のことが再現して
披露してくれます。

状況によっては、一緒に踊ることができる機会が
あるかもしれません。

DSC06747.JPG
子供が踊りの輪の中に入ってゆきました

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月16日

三笠 道の駅

道の駅「三笠」は

北海道で最初の道の駅。

全道でいつの間にか117駅にもなった道の駅の
頂点にいます(番号順)。

満足度ランキング的にも上位30位に入るレベル。

新鮮野菜が格安で手に入るのが魅力です。

DSC09590.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月15日

雨竜町 道の駅

雨竜と言えば
おいしいお米。

滝川市の上あたりにあるこの町は
自然がいっぱい。

米以外にも
安くて極上の野菜が
道の駅に、あふれていました。

田園に囲まれたこの町の自然の力の前には、
さすがのしまむらも
近づけないようでした。

DSC09597.JPG
道の駅ランキングベスト5クラス!
田園の里 うりゅう

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月14日

旭川市博物館

入場料が300円にしては、充実した鑑賞のできる

「旭川市博物館」

しかも小学生は無料!

先住民族の文化や歴史の展示から
北海道の開拓史を学ぶことができます。

ここは極寒の地を生き延びる
知恵と勇気の歴史であふれています。

DSC09614.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月13日

トマトどんべい

あまりにも普通過ぎて
スーパーに行ってもあまり買う気の起きなくなった

日清のカップ麺

「どんべい」

「どんべい」ではなく、それに近い
「どんべい」みたいなやつをついつい買ってしまいます。※

日清のテクノロジーと、どんべいの熟成の歴史の前には
他のどんなパクリどんべいもかなわないのは
わかっているはずなのに。

先日、変わった「どんべい」を発見。
ラベルに「トマト」との記載が・・・。

何かの間違いかと思った、そのどんべいうどんは
なかなかの美味しさでした。

で、なぜかオーソドックスなどんべいも
食べたくなる、なる!

日清恐るべし。

※緑のタヌキは除外して考えています

DSC09588.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月12日

二風谷工芸館

平取町立二風谷アイヌ文化博物館のお隣
「二風谷工芸館」では、

アイヌ民族の刺繍や
木彫りを体験できるコーナーがあります。

初心者でもお手軽な料金で体験できるので
おすすめ。

私はコースターの木彫りに挑戦!

木彫りは想像以上に大変ですね・・・。

DSC09554.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月11日

北竜町 ひまわりの里

旭川の手前、深川市の左側の北竜町は
今、ひまわりが満開。

ラベンダーの紫に包まれると
幻想的な雰囲気ですが、

満開のひまわりに囲まれると
ハッピーな気分。

花の力は不思議ですね。

DSC09600.JPG
ひまわりの里 2017/8/9

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月10日

独特の食べ物34

思わず、日清かと思ってしまうようなネーミング。

「辛王(からおう)炎の海鮮チゲスープ」

ポッカサッポロからリリースのこの商品。

独特のオーラを放つパッケージデザインが
購入意欲に迷いを生じさせます。

辛さレベル5 と表記されているということは
ラインナップがあるのか!?

そして実食。

スムーズな魚介のとろりとしたうまみに、
唐辛子の鋭い辛さが襲いかかる!
これは旨い!

「ご飯を入れてもおいしく食べられます」と
書いてありますが、

むしろ、ご飯を入れて食べるものだろ!
と言いたい

ほどのうまさです。※

CA3E0618.JPG
※自信ありげな個人の感想です

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月09日

平取町立二風谷アイヌ文化博物館

北海道の先住民族

「アイヌ」

の人々の文化を目の当たりにすることのできる
資料館としては、

白老が有名ですが、平取の

「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」
も、なかなかの施設です。

アメリカの都会で、近年「ロハス(健康で持続可能な生活様式)」の
考え方が、発祥しましたが

本当のロハスはこの、自然と一体となった
彼らアイヌ文化の様式に近いのではないかと
毎度思わされます。

DSC09546.JPG
モダンな資料館の入り口

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月08日

国立ひだか青少年自然の家

日高の山奥に

「国立ひだか青少年自然の家」

という、学校の宿泊学習や、
部活の合宿などで利用できる
多目的宿泊施設があります。

私も数十年前にここを利用したことがあり
近日、子供が宿泊学習で利用するとのことで
久しぶりに訪れてみました。

私も確かに、ここを利用したはずなんですが、
ほぼ記憶がありませんね・・・。まあ、いいか・・・。

DSC09565.JPG
施設付近の案内板。 カカシか!?※
※カカシです。

DSC09562.JPG
自然に飲み込まれそうな施設入り口

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月07日

ハンドスピナー 発光仕様

全米ナンバーワン大ヒット中の

「ハンドスピナー」

手元で羽のようなものを
回転させ続けるだけというこのおもちゃは
日本ではまだそれほど流行っていないようです。

先日、苫小牧のお祭りお会場のくじ引きで
光るハンドスピナーを発見!
早速ゲット・・・!

意味不明度に拍車がかかっています・・・。

CA3E0616.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月06日

夏のカレー

今年も来ました、

ハウスの「夏のカレー」

辛口のキーマカレーです。
辛さは6段階中の6。

辛い物アンバサダーの私には
あまり辛くはありませんが、味はまずまず。

醍醐味は安売りの時に発揮される
コスパですね。

DSC09545.JPG
温めなくてもおいしい、らしい

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月05日

とんべい だし天茶

日清から更に珍妙なヌードル登場!

その名も「とんべい だし天茶」

ほうじ茶と天ぷらのコラボ。しかも,わさび入り!

ですが、このヌードルも
かつて売り出されたものの、
全く売れなかったという黒歴史あり。

それをわざわざ蘇らせて販売させるとは・・・。

DSC09570.JPG
これも、期待を裏切る旨さ!※
※個人の感想です。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月04日

キャラメルコーン コーヒー牛乳味

お菓子の定番、

「キャラメルコーン」から

コーヒー牛乳味が登場!

キャラメルコーン自体、しばらく食べていませんが
家族が買ってきたものを茶の間で発見。

ポテトチップスなど、スナック菓子はなるべく
食べないようにしていましたが、

一口食べて、いきなりマイブーム(死語か)!

一袋、一気に全部食べてしまいました。

DSC09517.JPG
これほどうまいお菓子はない!※
※個人の感想です

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月03日

室蘭水族館

夏真っ盛り。


北海道の水族館は今が稼ぎ時です。

室蘭水族館は夏季限定の小さな水族館。

格安の料金設定で、
近隣の巨大な水族館並みの集客を誇っています。

DSC09397.JPG
人気のクラゲの展示もあり

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月02日

サマーヌードル

日清からまたもや珍妙なヌードル登場!

その名も「サマーヌードル」

一見、何の変哲もない普通の名前の
ヌードル。

ですが、このヌードル。
かつて売り出されたものの、
全く売れなかったという黒歴史あり。

それをわざわざ蘇らせて販売させるとは・・・。

DSC09568.JPG
期待を裏切る旨さ!トムヤムクン風※
※個人の感想です。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2017年08月01日

アミューズメントコーナー

温泉と言えば
アミューズメントコーナー。

立派な温泉旅館では
最新のユーフォーキャッチャーなどが
あるのかもしれませんが、
しなびた温泉施設では、
古い筐体をそのまま使っているところも。

そういうところには昔ながらのゲーム機が
ふきだまりのように集まっており、
ハングオンというバイクのゲームは
よく見かけるところです。

CA3E0614.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

 

Copyright c 2013 苫小牧グリーンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb