苫小牧グリーンホテルスタッフのブログ
北海道苫小牧市表町5-6-1

2016年09月30日

苫小牧市立中央図書館

苫小牧最大の図書館

「苫小牧市立図書館」

必用十分な蔵書数と
使いやすい館内レイアウトで
多くの人々に利用されています。

コンピュータによる本の検索システムが
完備。

先日試してみましたが
検索するのに結構時間がかかりました。
下手すると、館内を歩いて見て回ったほうが
早いのではと思うほどでしたが
無事、目的の本を探すことができました。

検索した情報はプリントアウトできて
便利ですね。
CA3E0376.JPG
図書検索システム

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月29日

野球

今年度、パリーグの優勝は

「北海道日本ハムファイターズ」に決定!

今年はほとんど応援していませんでしたが
いつもの悪い癖で
また、急にファイターズのファンになりました。

一方、子供たちの間では
もはや野球はメジャーな存在では
ないようです。

サッカーやバスケットが人気。

王貞治がホームランの世界記録を
達成した、私の小学時代では
野球の人気が最も高かったのですが。
(私は時代に反してサッカークラブに入っていましたが)

でも、ファイターズを見ていると
まだまだ野球の人気も根強く続きそうですね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月28日

独特の音

テレビのドラマのシーンで
いまや携帯電話がでてくるのは
当たり前。

ところが、テレビの携帯電話の着信音が
自分の携帯の音と似ている場合
自分の携帯が鳴っているのではないかと
ビビることがあります。

もうだまされないぞと、余裕でいると
本当に自分の携帯電話の着信音だったり・・・。

近年、さらにビビるのが
テレビドラマに出で来る携帯電話の
「バイブ振動音」

テレビ(サスペンスが多い)のバイブ振動音が
あまりにリアルなため、かなりビビります。

が、そんなことを感じているのは
私だけなのでしょうかね…。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月27日

苫小牧 栗

なんだかんだ言って秋の苫小牧。

市内の公園の栗の木には
栗がなっています。

ほとんどが青いものばかりですが
中には茶色く食べごろになった栗の実も。

寒い冬が来るのも
まもなくです。
CA3E0373.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月26日

苫小牧 噴水

秋の気配を感じていた昨今、

また強い日差し復活。

日中は半そででいいかも。

苫小牧各地の噴水付き公園もまだまだ元気に
活躍しています。

CA3E0380.JPG
苫小牧中央図書館隣接
「出光カルチャーパーク」の噴水

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月25日

樽前山神社 大鳥居

苫小牧の神社といえば

「樽前山神社」

大きな
鳥居が目印です。

どのくらいの大きさかというと
高さ15m。

ちなみに

全国No1の高さの鳥居は
熊野本宮大社(和歌山)のもので33.9m!
20位で櫻山八幡宮(岐阜県)のもので 20.45mです。

樽前山神社の鳥居も十分大きいですが、
上には上があるものです。

いずれにせよ
ウルトラマン(身長40m)がくぐれるものは
地球上にはなさそうですね。

DSC00787.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月24日

苫小牧の昭和

古き良き時代として
よく、「昭和」が取り上げられます。
高度経済成長を経験し、
事実上右肩上がりの経済。

おまけに、妙なコンプライアンスもなく
禁煙喫煙の区別もなく。

苫小牧にも昭和まんまの食堂街があります。
「ぷらっとみなと市場」です。

いつも多くの人で賑わう
「ぷらっとみなと市場」では
昭和のよさを思う存分味わうことができます。
DSC00773.JPG
賑わう店内
(人がいないタイミングで撮影しています)

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月23日

苫小牧緑ヶ丘公園 展望台

苫小牧の展望台の
最高峰なのは言うまでもありませんが、

緑ヶ丘公園展望台は
別の視点からも
苫小牧を代表する施設と言えます。

数年前から、展望台一階の広い休憩コーナーに
苫小牧関連グッズが展示販売されるようになり
地道にその数が増え続け、
今では専門店並みの迫力。

苫小牧を知るには最適なスポットと言えます。

DSC00799.JPG
展望台の一階が熱い!

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月22日

樽前山神社

樽前山の敷地内の隅に

「聖徳神社」

があるのを発見!
聖徳太子が祭られているのだと思いますが
詳細はよくわかりませんでした。

10年以上、苫小牧に住んでいても
まだまだ分からないことが多い
そんな苫小牧です。
DSC00788.JPG

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月21日

樽前山 リベンジ

前回の樽前山登山は、
一つの山頂には
登頂したものの
濃い霧がかかり、
全く景色が見えませんでした。

今回の樽前山登山は快晴。

樽前山から見える
支笏湖の絶景を取り戻しました!

DSC00791.JPG
樽前山 見晴台からの風景

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月20日

ほっき貝資料館と秘密の部屋

想像を絶する資料館

「ほっき貝資料館」

この資料館では、
ほっき貝の貝殻に願いを書いて、
ほっき貝の神様に奉納するコーナーがあります。
効果のほどは定かではありませんが、
無料なのでおすすめです。

DSC00774.JPG
英語で書いてやったぜぇ。欧米だろぉ!?

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月19日

ほっき貝資料館

海の駅 ぷらっとみなと市場の
一角にある黄色い建物

「ほっき貝資料館」

ほっき貝と言えば、苫小牧は
全国水揚げナンバーワン!
そのほっき貝についての様々な展示物が
ぎっしりと詰まった資料館です。

無料で楽しむことのできる館内には
驚きのアイテム満載。

ただの粉砕した貝殻に見える
「ホッキジグソーパズル」は
最高の難易度。

いつか時間のある時に
挑戦したいような・・・。
DSC00775.JPG
カオスレベル

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月17日

苫小牧ポートミュージアム

各所改装が進む
苫小牧西港フェリーターミナル。

「苫小牧ポートミュージアム」

もリニューアル!

3Fの目立たない場所にあるこの
「苫小牧ポートミュージアム」では、
苫小牧西港の歴史を大型スクリーンで
学ぶことのできるコーナーがあります。

タッチスクリーンで、就航するフェリーについて
調べることも可。

目立たない場所にあるためか
訪れたときは誰もいませんでしたが、
無料で楽しめる穴場コーナーです。
DSC00769.JPG
世界初の内陸掘込港湾「苫小牧西港」の歴史まるわかり!


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

苫小牧西港フェリーターミナル

リニューアル中の苫小牧西港フェリーターミナル。

景色の良い待合場の一角のレストランも
リニューアル!

「カーム」という名の洒落たレストラン。

ラーメンからハンバーグまで豊富なメニューであり、
快適なひと時を過ごせそうです。
DSC00767.JPG
メニューを照らすライトのシュールな配線

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月16日

苫小牧 立ち食いそば2

久しぶりにフェリーターミナルを訪れると
館内が改装されていました。

景色の良い待合場に
ファストフード店が出来ていました。

「クイック」という
ファストフード店のお手本のような
店名。

ここでは、そば、うどん、おにぎり、カレーを提供。

基本的に立ち食いのようです。

以前どこかで見たように、ここでもテーブル席が・・・。
営業時間前だったので、
後日また来てみようと思います。
DSC00766.JPG
午前11時オープン!

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月15日

苫小牧 立ち食いそば

苫小牧駅直結の大型スーパー

「ドン・キホーテ」で、

なにげなくウィンドウショッピングをしていると

新しいテナント店発見。

その名も「立ち食いそば 勝神(かがみ)」

いよいよドン・キホーテにも蕎麦屋さんが!
一瞬の喜びのあと
脳裏をよぎる不安。

「立ち食い?」

あまり人通りの多い場所ではなく
「立ち食いそば」は少し違和感あり。

また店舗に近づいて、メニューを見ると、
なんとなく立ち食いっぽくない価格が・・・。

立ち食いそばは、札幌の中心でも、天そば380円ですが。

近日訪店予定!

CA3E0367.JPG
立ち食いなのに席があるぜぇ・・・!

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月14日

白老 虎杖浜温泉 ぬくもりの湯

白老の虎杖浜温泉郷にある温泉

「ぬくもりの湯」

平日に訪れると、ほぼ貸し切りの時があり
複雑な心境を味わうことができますが、

この貴重なかけ流しの天然温泉は
週末は子供連れの家族で大賑わい。

ご存じのように、ここにはなんと
25メートルプールが併設されており、

ほぼ全ての子供連れがプールを利用。

下手すると、下手なプールより自由に
楽しむことができるわけで・・・。

ぬくもりの湯は、
自由な発想と
自己の発想の限界を楽しむことのできる
奥の深い温泉ですね。

CA3E0355.JPG
ぬくもりの湯「おすすめ」の鍋焼きうどん。
昭和のデバイスで提供される

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月13日

独特の飲み物12

以前ご紹介した

千歳の支笏湖地区限定発売の
本格サイダー「支笏のしげき」

には様々な姉妹品があります。

そのひとつが
「赤いしげき」

サスペンスのタイトルみたいですが、
れっきとしたサイダーです。

こだわりの原料を使用した
イチゴ味となっています。

ラムネの瓶に入った渋いサイダーは
苫小牧の工場「丸善市町」製※。

苫小牧の「まるぜんストアー」※で絶賛発売中です!

DSC00711.JPG
赤いしげき

CA3E0364.JPG
「しげき」シリーズはここでゲット!
※ストアーと工場は同一グループの会社です。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月12日

苫小牧 野菜

不安定な天候で、

今年の農作物の収穫は
安泰ではないようです。

我が家の壁際庭園の農作物も
発育が遅れています。

トマトときゅうりを栽培していますが
きゅうりは先日無事収穫。

トマトはあと少しです。

DSC00742.JPG


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月11日

苫小牧 宝くじ販売店

高額当選が多い都市として全国的に有名な
苫小牧。

特に苫小牧駅の北口付近にある
宝くじ販売店の実績は高く
今でも行列ができることがあります。

私が苫小牧に引っ越してきたときは、
せっかくだからと、この店舗で数年間、宝くじを買い続けました。
しかしながら私とは相性が悪かったようで、
近年は買うのをやめました。

宝くじはよく「買わなければ当たらない」と言われますが、
残念! 「買わなければ外れませんからー!」
と私は思っています・・・。
DSC00741.JPG
伝説の人気店

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月10日

独特の食べ物29

手軽な食品として高い人気を誇る

「レトルトカレー」

レトルトカレーは各メーカー間の価格競争が激しく、
基本的に一食100円前後が相場となっています。

そんな中、なかなか安くならない
レトルトカレーのブランドがあります。
その名も「LEE」

結構昔からあるブランドで、売りは「ずば抜けた辛さ」

いまだに辛さ20倍のレトルトカレーは他にはありません。

何度かLEEの辛さ20倍を食べたことがありますが
辛いもの好きの私でも
ごはんが3倍は必要になります。
そこまでして追い求める辛さとは
いったいなんなのかを考えさせられます。
DSC00744.JPG
絶対に負けられない辛さがそこにはある!
(辛さ20倍時。画像は10倍のもの)

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月09日

千歳・支笏湖 嵐のあと

連日の台風などの影響で
様々な場所で被害が出ています。

苫小牧のお隣、千歳の支笏湖では、
大雨によって
湖水の水位が上昇することがあります。

1時間に100ミリの雨が半日続くと、
湖水の水位が50センチも上昇!

雨が止んだ後も、
周囲の山から集まってきた雨水が
更に、湖水の水位を上げてゆきます。

80センチも水位が上がると、
みずうみの際にある露天風呂の中には
水没してしまうものも・・・。

自然の力の前では
人間の力は非常に小さいものに感じられます。
IMG_0558.JPG
台風のあと、支笏湖と一体化した露天風呂(2012年)

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月08日

支笏湖の魚

千歳の支笏湖名物と言えばもちろん

「ヒメマス」

資源保護の観点から、毎年6月から8月までだけが
漁の解禁日です。また漁ができる水域も決まっていて
その範囲内で漁をしなければいけません。

今年のヒメマス漁は初日から一週間くらいは大漁!
しかし、その後は水揚げがほとんどありませんでした。

どうやらヒメマスは禁漁区に
たくさん集まっているようです・・・。

漁師の方々は今年はほぼみんな赤字。

相手は天然の魚だけに、致し方ないですね。

来年度のヒメマス漁に期待です。
IMG_0275.JPG
手前がヒメマス。奥のアメマスはよく釣れる。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月07日

苫小牧 鹿

苫小牧の町はずれに
鹿の親子出現!

近くに森林があるとはいえ
こんな場所に現れるのは珍しいです。

以前は熊が現れたこともある
苫小牧。

自然との共生が試される街です。
thumbnail_160903_1739~01%5B1%5D.jpg


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月06日

千歳 道の駅「サーモンパーク千歳」

週末には、駐車場に待ちが出るほど人気の道の駅

「サーモンパーク千歳」

施設内には、洒落たフードコートや
地元の野菜直売コーナーあります。
また、すぐ近くに、全国的にも珍しい、
巨大な淡水魚水族館
「さけのふるさと 千歳水族館」もあり
一大アミューズメント空間となっています。

さらに道の駅の裏手には、
小川の流れる洒落た公園があり、
ちょっとしたお散歩も楽しめますよ。
DSC00639.JPG


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月05日

樽前山

くもりの予報が濃霧であった。
後に晴れる予報もあり、
私たちは山頂へ向かって黙々と斜面を登り続けた
小さな滑る軽石と火山灰の登山道で
いつもはぎしぎしと音が立つが
今日は静かな湿った土の感触だった。

霧の粒は大きくなって
風が強くなっていった。登りを後押しする
背後からの風は濡れた外套を冷やした。

ときおりばらっと、大粒の雨が降りかかり
本降りになると思った。
雨で大粒の水滴に覆われた二つの顔面は
霧の中の見えない山頂を向いたまま
わたしたちは、ひたすら山を登り続けた。

山頂に近づくと
雨の粒は小さくなっていった。
風はますます強くなり、霧の塊が
私たちの辺りを乱舞した。

周囲にはたくさんの人がいた。
霧の中から声が聞こえる。

前方上方に、黒くとがった影が、一瞬、霧の中から顔を出した。
近づくにつれ、霧の帯が薄くなり、
山頂の形がはっきりと見えてきた。

「樽前山 東山山頂」

2時間かけて登った山頂には
最も激しい風が吹いていた。

立ち止まると、強い風が体温を奪っていった。
私たちはすぐさま、もと来た道へ戻り始めた。
DSC00727.JPG
2016 9/4 樽前山 東山山頂付近の風景

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月04日

新千歳空港

新千歳空港には
空港ビルの屋上に
飛行機を間近で見られる

「展望デッキ」が設置されています。

広い滑走路一面を見渡せる展望デッキは
結構広く、いつもたくさんの人で賑わっています。

ジェットエンジンの音が豪快に聞こえ、

航空ファンの方々がカメラで
飛行機のベストショットを狙っています。

展望デッキからではなくても
空港ビル内から
滑走路を一望できる場所があります。
むしろこちらのほうが天候を気にせず
快適に飛行機の離着陸を眺めることができます。

バーチャルな空の旅を堪能できますよ。
DSC00646.JPG
展望デッキへと続く階段の踊り場

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月03日

独特の飲み物11

〜北海道の水と4つの素材で作りました〜
がキャッチフレーズの

『北海道とうきび茶』

原材料に「とうもろこし」と記してあるのが
いいですね。

その他の原料の玄米・黒豆・小豆も
全て北海道産というこだわりよう。

飲むと、とうきびの香りが広がる
不思議なお茶です。

これを作ろうと思った人は偉い・・・!

伊藤園、恐るべし。

PAP_0361.JPG
北海道限定!

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月02日

道の駅 ウトナイ湖

かつて全道ナンバーワンクラスの人気を
誇ったこともある、苫小牧の道の駅

「ウトナイ湖」

現在、フィーバーは収まっていますが
依然として見どころ満載。

地元の農作物の取り扱いが豊富。
レストランもあり、湖を見渡せる
広々とした席から、ゆっくりと
みずうみの野鳥を観察することができます。

野鳥の聖地が、国道からこんなに近いのは
たぶんここだけ!

ぜひみなさんも道の駅「ウトナイ湖」を
活用してみてください。
DSC00650.JPG
道の駅の短いトンネルを抜けるとそこは野鳥の聖地であった

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2016年09月01日

苫小牧 台湾料理「火四季(かしき)」 リターンズ 

「ごちゅもん、きまたら、よんでください」

先日、苫小牧の台湾料理店

『火四季』再訪。

すでに免疫の出来てしまった感のある
外国語なまりの案内と
オリエンタルなスタッフの方の容姿。

そして無駄にでかい可能性のある店舗、
まだまだ健在。

今回もランチを注文。
税込みで650円のと700円。
前回、無茶だろと思いつつ、まだこの価格ということは、
やはりこの値段で攻め続けるつもりということだろう。

安っ!

650円のは定食。700円のはラーメンと飯物。
私は700円の「醤油ラーメンと餃子と唐揚げのセット」を
頼みました。

この値段にして、レギュラーサイズのラーメンと
巨大な唐揚げ、そしてよくできた餃子。

何度か通って分かったのは、
「ラーメンは好みが分かれる」
ということ。

台湾ラーメンを台湾で食べたことがないため
評価は保留です。

最強は、やはり炒め物系。
唐揚げも人気。

もはやライバルなど存在しない

独走の 『火四季』 です。
CA3E0366.JPG
広大な空間。BGMをたった1台の「ラジカセ」でまかなう


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

 

Copyright c 2013 苫小牧グリーンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb