苫小牧グリーンホテルスタッフのブログ
北海道苫小牧市表町5-6-1

2015年10月24日

千歳 苔の同門

苔の洞門(こけのどうもん)は、
支笏湖の外輪山のひとつ、風不死岳(ふっぷしだけ)の
麓にあります。

風不死岳への登山道としても有名な
長さ1キロにも及ぶ岩の回廊の表面に
びっしりと苔が生えている様子から
苔の同門と呼ばれています。

十数年ほど前から
落石の恐れの為、通常は立ち入りが禁止されています。
年に何回か、専門のガイドと共に、苔の同門の中に
入ることが出来る機会があるだけです。

千歳・支笏湖で最も有名な観光名所のひとつだったので
(専用の展望台から入り口付近を見ることはできますが)
中に入ることが出来ないのは非常に残念ですね。

苔の同門を模したオブジェが、
千歳水族館の中に展示されています。
なかなか良くできた造作物ですので
ここで気軽に苔の同門の雰囲気を味わうことができます。

私自身、本物の苔の同門を訪れたのは20年前が最後です。
また一般開放される日がくるといいですね。

DSC09371.JPG
見事に再現された色合いのレプリカ。本物は洞窟ではなく、巨大な岩と岩の間を歩く感じ。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122


コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 

Copyright c 2013 苫小牧グリーンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb