苫小牧グリーンホテルスタッフのブログ
北海道苫小牧市表町5-6-1

2013年12月31日

今年も本日で最後。

1年というものは、早いもので気づいたら
本日で、今年も終わりますね。

今年の苫小牧グリーンホテルも
たくさんの皆様にご宿泊して頂くことができ
感謝しております。
本当にありがとうございました。

来年も皆様から愛されるホテルを
目指して頑張たいと思います。

来年も苫小牧グリーンホテルを
宜しくお願い申し上げます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

苫小牧グリーンホテル スタッフ一同


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月30日

予言

世の中の、なかなかあてにならない
ことがらの中に予言がありますね。

数々の大予言は当たっていませんね。

少しは当たってもよさそうなのに
かすりもしません。

そもそも毎回当たっていたら予告ですけどね。

誕生してこの世を去ることだけが
世の中でわかっている確実なことですね。
それでさえ、いつなのかはわかりません。

あとは不確実です。

いつ何がどうなるというのはわからない
ということですね。

景気動向も不確かですね。

しかし希望を持って毎日地道に努力できることは
確かなことではありますね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月29日

エネルギー

原子力発電は

原子核分裂時に発生する
熱エネルギーを利用するという
なかなかすごい発電方法ですね。

最新の科学技術が盛り込まれています。

発電するまでのコストも低いですね。

最新の科学技術で制御しているのですが
今のところ、その技術では
後始末が不十分なのが問題のようです。

発電した後の核廃棄物の処理が
完全にはできていないのです。

そのため、その処理費用を考えると
全体的にコストが割高になるようですが
今後の科学技術に期待ですね。

あとは、電気を使う量を減らすとか
自然エネルギーによる発電を
増やすとかになるでしょうか。

大量の石油を燃やして電気を作っている場合
ではないような気がします。

快適さを減らしてゆく必要が
あるということですね。

人類史上、
今が転換期なのかもしれません。

アメリカでLOHAS(持続可能な生活)スタイル
が流行っていますが、

日本もこれに倣う時期が
来ているのかもしれませんね。

自然に倍返しされるまえに
借りは返しておきたいものですね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月28日

BOOK

今や電子書籍全盛です。

私も初期のころ
少し手を出しました。

検索が速く、サイズもコンパクトなため
大変重宝しましたし、
辞典を使う用途なら大変便利です。

しかし小説を読むとなると
少し事情が異なりまして

なんか読みづらいです。

ページをめくるのは、やはり紙がいいですね。

『蟹工船』とか、デジタルで読みましたが
紙で読み直したいくらいです。

デジタルですと、バックライトがあるため
暗闇でも照明無しで読めるのは利点ですが、

私は小説を読むなら今後も紙でしょうね。

しかしながら

デジタルと紙。どちらを選んだ方が自然保護につながるのか
が最終判断材料になると思いますけどね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月27日

来年は、うま年ですね

苫小牧周辺には、社台ファーム等など
有名な牧場がありますし、
もっと身近に馬と触れ合える
ノーザンホースパークがあります。

馬を目当てに千歳や苫小牧を拠点に
される方も少なくないのではないでしょうか。

ほとんどやったことはありませんが

馬を走らせるエンターテイメントに
競馬がありますね。

先日の有馬記念のように
一番人気が毎回圧勝してくれれば
いいんですが
(そうじゃないほうがもうかるのかな)
勝負の世界は全くわかりませんね。

来年は馬のようにしなやかに
一年を駆け抜けたいですね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月26日

カレンダー

今年もそろそろ終わりですね。

カレンダーも残り一枚です。

結構良質で大きな紙を使っていますが

毎月
そのまま捨てるのは
も・た・い・な・い
ですね。

繰り返し使える万年カレンダーやデジタルカレンダー
というのもありますが、
壁に見やすくペンでメモを書き込む
ことができないので
やはり手書きのメモを残せる
普通の紙のカレンダーが
最強ですね。

カレンダー並にでかいipadがあれば
壁にかけてカレンダー代わりに
すれば便利かもしれませんね。

それが私の脱ガラケー1号になったりして・・・。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月25日

罪と罰

毎日ニュースを見ていると
どんだけ犯人が
いるのだろうかと思います

犯罪の報道のない日はありません

報道になっていないだけで
どんだけ犯罪が起こっているのだろうかと
思います。

人間の脳の力は

おいしいものとまずいものをはっきりと区別できるのに、
善悪の判断ができないはずはありません。

疲れたら疲れを感じますし

暑さ寒さからは遠ざかります。

人が罪を犯すのは
脳がそれを悪と認識していないからなのかもしれません。

生きるため善。

ありとあらゆる手段で
衣食住を補っていたころの
太古の本能の名残りなのかもしれません。


現代社会は脳にとっては
迷惑な枠組みでいっぱいなのでしょうね。

しかし法は法です。
しっかりと守ってゆきたいですね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月24日

アーティスト

今年最も聴いたのは

特に深い意味もなく
松山千春と中島みゆき
でした

最近気がつきましたが
二人とも北海道出身ですね。

松山は北海道の雄大さをテーマにした
曲があるのですぐに気が付きそうですが

中島は私の聴く限りでは
北海道のことを歌っていないのでは。

銀の龍の背に乗ってるくらいですからね。


いずれにしても実力も高く
人気のアーティスト達ですね。

二人以外の曲も聴きますし
最新の曲にも触れますが

最近は心に残るアーティストはいないですね。

このまま紅白を観ても
面白くないかもしれません。

唯一、北島三郎の『まつり』くらいですか。


これも北海道ですね・・・。

北海道にいる者同士の共感・・・。

函館の記念館で観たことがありますが
『まつり』は日本らしいいい曲ですね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月23日

依然として
犬を飼いたいと
思うことがありますが、

以前飼っていたときのことを
思うと
やはりあきらめてしまします。

当時は中型犬を室内で飼っていたのですが
散歩が必要な種類だったため
雨の日も風の日も
散歩に連れて行ったものでした。

私や家族の生活リズムが犬中心と
なっている気がしました。

その間10年以上外泊できませんでした。

いまや、空前のペットブーム。
ホームセンターにまで
ペットコーナーがあります。

ショウウインドウに近づくと
駆け寄ってくる犬を
買いたくなる衝動があります。

どんどん売れてゆく子犬たちですが
私が経験したように、皆が

これからの十数年間、しっかりと犬と
付き合ってゆけるのだろうかと思います。

相当困難なことだとは思いますが
ペットブームがブームだけで
終わらないように

飼っていた犬のことを思い出し
ときどき思います。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月22日

白老牛

苫小牧に隣接する町、
白老町に、大変有名な
牛肉のブランドがあります。

「白老牛」

昭和29年に
北海道初の黒毛和牛を
島根県から導入。
現在では著名なシェフの料理に
使われたりしています。

近くにありて縁のなかった
「白老牛」

先日食する機会がありました。

ものすごい霜降り!
肉のほうが少ない!
焼かなくても食べられる!

見た目は場外ホームラン級です!(←古い?)

見た目は4回転半ジャンプ級です!

少し高級な肉は食べたことがありますが、

肉を食っている感じがしません。
この、どのように噛んだらいいかが解らない食感は
経験したことがありません。
超高級品。

僕には過ぎた品でした。


上カルビ&ホルモンの方が美味い・・・。

いえ、庶民には理解できない味ですね。

再び出会える日が来たら、
今度はうまく味わってやろうと思います。
舌を鍛えることはできないけれども。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月21日

回転すし

たまに
回転すしに行くことがあります。

回転すしに行くのは
低価格でお寿司が食べられるからです。
特に近年はネタなどの質も上がっており、
十分に満足できるレベルだと思います。

更に近年は回転すしといえば一皿百円の時代。

本当に気楽に利用できます。

全皿百円ではない店でも、百円皿選択していましたが

全皿百円なら人目を気にせず皿をとることができます。

その心理的解放度の差ははんぱではありません。

しかし、百円回転すしが満員で、待ちも入っていたため、

やむなく、一般回転すしに行くことになりました。

しかしそこは最低一皿百二十円から。

必殺の選択百円回転寿司が封じられていました。

しかも百二十円クラスのネタがしょぼい。

結局たくさんガリを食べるはめになりました。


本当は限界まで静止寿司を食ってみたいものだと

思いますがね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月20日

消しゴム

仕事で毎日使っていますが
これもアナログな文具の
一つですね。

最初は長方形ですが
あっという間に真ん丸になって
細かいところが
消しづらくなります。

しばらくの間は
角を維持できるような
材質とか構造は
絶対に無理なのでしょうかね。

最近では、刃がカーブしていて
最後まで切れ味がいいハサミとか
湾曲した形状のを押さえつけて
使うことで安定して線の引ける
定規とかが登場していますね。

アナログ文具にもまだまだ
可能性が残されていますね。

以前、シャープペンシルにも
触れましたが、消しゴムともども
頑張ってもらいたいですね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月19日

腕時計

私が現在使用しているのは
20年くらい前に買った
CASIOの時計です。
Gショックじゃないダイバータイプです。

買ったときはそれほど長く持つ
というか長く使うことになるとは
想像すらしていませんでした。
なにしろ石黒ホーマー(現ホーマック)の特売で
3090円(税込。消費税3%のころ)で買ったものだからです。

実際その後、いくつも時計を
買っていますし、その時計を
使っていない期間もあったのですが
近年はメインで使用しています。

サブはカシオ電波ソーラーとオリエントの
自動巻きです。

メインのすごいところは

バイクで転んで強打しても
ボードで転んで強打しても
7メートルの高さから落っことしても
つるはしの作業でがんがん振動が加わっても
そのまま温泉につかっていても

びくともしないところです。

(本体はびくともしませんがバンドは3回くらい替えてます。電池は10回くらい)

形見クラスとなりつつある時計が3090円。

本当はオシアナスとか欲しいんですけどね。

壊れるまで使ってみることにします。

じゃ、また20年後に・・・。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月18日

海外からのお客さま

先日、中国の方が
ご宿泊されました。

私がお会いした、たいていの
中国人は、片言でも英語が
通じるので、なんとかなっていましたが
このお客様は全く英語が通じませんでした。
(日本語もダメだと思ったので最初から
日本語は使用しませんでしたが)

チェックインの時は申込み用紙に
住所と名前を書くだけなので
何事もありませんでしたが

お客様がお部屋に行ってからしばらくして
フロントにやってきました。

何かを訴えていますが、全くわかりません。
あちらもこちらが中国語がわからないのを
知っていてか、お互い、「あー」とか「えー」とか
身振り手振りで何かを伝えようとしますが
お互い全く通じません。

最終的にお客様はフロント近くのドアで
ジェスチャーをし、ドアがらみのなにかであることが
わかりました。

「インロック?」と英語で尋ねましたが
通じませんでした。

一緒にお客様の部屋へ行くことにしました。

やはり「インロック」でした。

これほど簡単なことでも、言葉が通じないと
全く駄目なのだということを思い知らされました。

パントマイムでも習って身振り手振りの
表現を強化しますか・・・。

さまざまの国からやってくるお客様のことを
考えながら過ごす今日この頃です。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月17日

動物園

行楽地の定番、動物園。

特に近年は旭山動物園が
ブレークしてますね。

アザラシが水のチューブを通り抜ける姿を
私は何度写真で撮ったかわかりません。

今度はカバが仲間入りしましたね。

カバが水槽にエントリーするとき、
飼育員の方々が、カバがおぼれるのではないかと
心配そうでしたね。

周囲から見守られてデビューする、カバ。

カバにしろ、アザラシにしろ、みんなに見守られて
平和ですね。エサもあたりますしね。

私はカバがおぼれるはずがないと思ったあと、
何か切ないものを感じましたね。

本当は過酷な野生の川でも生きて行けるのに
プールでの泳ぎを心配されるとは。

カバにとって幸せなのは一体どちらなのかと。

アザラシの時も、ペンギンの時も、ホッキョクグマの時も
何も思いませんでした。

でも、なぜかカバの時はそう思いました。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月16日

ラーメン店

ラーメンが好きで
年に「何秒」か
ラーメン店をやってみるかなと
思うことがあります。

しかしラーメン屋で成功するのは至難に違いないし
仕込とかきつそうなのですぐに我に返ります。

やはり食べる専門が気楽ですね。

私にも大好きなラーメン店がありますが、
必ずしも他人に受けるとは限りませんね。

好みの問題が大きいので
とりあえず大まかな内容を伝えます。

こってり、あっさり、醤油、魚醤、とんこつ、辛口
とか。

私は醤油派ですが、味噌派や
ツウと思われる塩派など、
それだけでも全く味の好みが違うと
思って間違いありません。さらに
細麺とか、ちぢれ麺とか・・・。

本格ラーメンはいろいろありますが、
実はもっと身近に定番がありました。

そうです。

カップヌードルです!

これだけ長きにわたり
万人に受けている味は他にありませんね。

ということは、やるなら
カップヌードル専門の屋台を
出すと間違いない!?


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月15日

LED伝説

当ホテルもLED化を進めています。

現在使用中の蛍光ボールが切れるたびに
LEDにしています。

LEDの特徴である、長寿命と低消費電力
に魅力があるためです。

それ以外にも利点があります。

虫の好きな紫外線を出さない
という点です。


夜に明かりをつけても
虫が寄って来づらいということです。


以前、真夏の山中の暗闇で実験してみました。

一方が蛍光ボールでもう一方がLEDボール。

同時に点けると、

蛍光ボールのほうへ虫が集まって来ます。

LEDの方にはほとんど虫が来ません!

虫で悩んでいるのならこれしかありません!


それから私はある施設の(苫小牧市内ではありません)、
照明をすべてLEDに替えました。

思った通りに夜に明かりをつけても虫はほとんど来ません!


ある晩、油断していたところへ大量発生した虫が

建物に襲いかかっきました。

「LEDには虫が来ない」

と安心しきっていたところに・・・。


とっさに電気を切りました。


LEDには虫が来づらいですが、光源がそれしかなかったら

そこに虫は来るのです!

それまで虫があまり来なかったのは
その時冷夏で、虫自体があまりいなかったためでした。

でも来づらいのは確か。

価値はありますよ。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月14日

大雪

苫小牧もついに大雪に見舞われました!

雪のない地域からきた人にとっては

大歓迎かもしれませんね。

地元の人々は、除雪で大忙しです。

除雪しないと駐車できないこともあります。

久しぶりに除雪をすると

力の加減を誤って腰を痛める人も

少なくありません。

また道路が滑るので

運転には最新の注意が必要ですね。

今日は通勤にいつもの倍の時間がかかって

しまいました。

でもこの時期はやはり雪景色がいいですね。

クリスマスまで、ある程度雪が降るのはO.K.ですね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月12日

缶コーヒー エピソード1

昔は百円玉で買える
温もりでしたが
今は120円の缶コーヒー。

ものごころついた時から
私は飲んでいました。

最近は微糖やブラックが増えたとはいえ
ずっと思っているのは
味の基本的な部分は変わっていないなと
いうこと。

年間に何百もの缶コーヒーが生まれていると
思われますが、維新されるデザインほどには
味は変わっていないんじゃないかなと思います。

旨い味への追究には限界がきていて
パッケージで商品の新鮮さを保っているような気がします。

年に1、2度は、これは旨いと思う
新しい缶コーヒーに出会いますが
(缶の形が妙に凝っていることが多い)
すぐに消えてしまうのが毎回残念で不思議なところです。

一方、ビンのコーヒー牛乳が
一番旨いような気がするのは
気のせいかもしれませんが
一体どういうことなんだろうかと思います。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

リサイクルショップ

近年、小奇麗なリサイクルショップが
たくさん巷でみられるようになりましたね。

リサイクルといっても、
大半が未使用新品で
中古といっても新品同様な品
ばかりが店頭に並んでいます。

ほぼ新品なのに格安なので
私は何かを買う時は
まずリサイクルショップへ足を運びます。

新品よりも少ししか安くないとか
価格設定が微妙な場合
購入をためらってしまいますが
後から買に行くと売り切れている場合が多く
たいてい後悔してしまいます。

かといって、思い切って買ったら
他で新品をたたき売っていたということもあり
微妙です。

買う時はまだよくて
売るとなると最初から清水の舞台から
落ちなければなりません。

買い取り額は結構しぶいです。
買い取ってくれればいい方かもしれません。
予想外に高く買い取ってくれたら
凱旋パレード気分ですね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月11日

タイヤ祭り

日本では珍しくない
祭りの一つです。

特に季節の変わり目に多く開催されます。

旗を振ったりしている人がいたり
ハッピを着ている人もちゃんといたりして
祭りなのですが

祭りばやしもなく

古タイヤの妖精が出てきて
踊るわけでもなく

誰も踊っていませんので
外国人が観たら

What!?

でしょうね。

タイヤを安く買うことはできるようです。

似たような祭りに
オイル交換祭り
というのがあって

これはさすがにオイル交換が
安くできるイベントかなと
思いますが、

交換中に威勢よく和太鼓
でもたたいていてくれたら
いいのにと思います。

祭りですから。
祭りですからね・・・。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月10日

白鳥大橋を封鎖せよ

苫小牧市から国道36号線を
通って函館市へ向かう途中の室蘭市に

積雪寒冷地日本初の巨大な
「白鳥大橋」という吊り橋があります。

海上の高いところを走るので、
セスナに乗っている気分になれます。

橋上に駐車展望スペースがあれば
最高なのですがありませんので
絶景は一瞬のうちに過ぎ去ります。

夜は風力発電によるライトアップが
行われ、なかなかの壮観です。

一般的には有料な規模の橋なのですが
地元の政治家の意向などで
暫定的に無料開放しているのだとか。

しばらくは大丈夫だと思いますが
無料のうちにいかがですか?


ちなみに強風の日は
安全のため封鎖します。

けっこう封鎖してますので
無理に封鎖する必要は
ないみたいですね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月08日

ウインタースポーツ

北海道といえば
ウインタースポーツですね。

いよいよ本格シーズンの始まりです。

私は小学校からスキーをやっていました。
スキーはあまり好きではなく
高校を卒業してからは
ほとんど滑っていません。

代わりにスノーボードをやっていました。

やっていたというのは、
苫小牧に来てからは、近くにゲレンデがなくて
容易にスノーボードができないからです。

苫小牧の主流はスケートです。

学校でも体育の授業はスキーではなく、
スケートを教えていますね。

スケートは、小学生の時に少しやったことがありますが
いまから再び滑るのは自信がないですね。

でも、今シーズンはチャレンジしようと思います。

まずはシューズのレンタルからですね。

みなさんもぜひ北海道のウインタースポーツに
チャレンジしてみてください。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

クレジットカード

ビジネスホテルでも
カードでのお支払いが一般的に
なってきましたね。

カードにはいろいろな種類がありますが
フロントではどのカードの場合でも
暗証番号かサインをいただくだけなので
作業的には一緒です。

お客さまにとっては
ポイントがつくところが
違うのかもしれませんね。

私のようにポイントを全く重視していない
人にとっては、カードの種類は
あまり意味のないものです。

しかしながら、カードのブランドによっては
使えない場所がないこともないようです。

コストコはアメックス(アメリカンエキスプレス)しか
使えない気がしました。

某病院では、なんとVISA/MASTERがだめな
ところがありました。

あやうくはまるところでした。

海外でも地域によって
使えるブランドが偏っているようですね。

全ブランド統一したら・・・と思いますが
簡単では無いのでしょうね。

苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月06日

ナイトメアアフタークリスマス

幼少のころ
クリスマスイブの夜に
私もサンタクロースに
プレゼントを
届けてもらっていたのですが
なかなか希望のものが
届かず
何も届かないよりはいいかと思った
思い出があります。

しまいには何も届かなくなりました。

小学校高学年になると
サンタクロースなどはいなく、
イベントを楽しむように
なっていました。

最後に頼んだ超合金が
届かなかった時の
がっかり具合は
その後の人生に少なからずの
影響をあたえたかもしれません。

現在私がサンタクロースですが。
ばれるまでは、枕元に
プレゼントを置き続けたいと
思います。

もちろん希望の品を。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

ブートキャンプ

テレビを観ていると

いつの間にか長いCMが。
と思ったら何度もおなじ画面のくりかえしが。

「(新しい舶来トレーニングマシンの名前)!!」

商品の価格が絶妙な1万円台。

今から30分以内に申し込むと
5000円キャッシュバック!

しかも「効果がなければ返金します!」

背後の鉄のスマイル美女軍団の
反復運動にやられてしまいます!

なんかこれはやせる!と思ってしまいますね。
しかも誰でも簡単にやせる(本人の感想)んです。

でもふっと我に返るのはなぜなんでしょうね。
「返品送料はお客様負担」の見づらい文字
でしょうかね。送料高そうですね。

やせを実証した主婦達には
一体何があったんでしょうね?

私も十数年前までは今より20キロくらい
軽かったです。

ダイエットはしなくてもいいんです。

経済政策が一番効くんじゃないかと
私は思っていますね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月04日

エコカー

近年のエコカーの燃費には
驚愕いたします。

リッター30キロ以上がざらです。

軽自動車ならともかく
普通車ではとてもすごい
数字ですね。

「ガソリンをあまり使わない」
「Co2排出量が少ない」

という視点で考えると
エコカーはとても優秀です。

一方、ちょっと変わった意見もあります。

ハイブリットカーをつくるときに出る
二酸化炭素排出量が普通の車よりも多い・・・


どのバランスが最もエコかを
計算する必要があるかもしれないですね。

ハイブリットではない車を買って眺めている
のが一番エコかもしれませんね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

2013年12月01日

ニワトリが先かタマゴが先か

どっちが先にあったかという
ネタです。

どうでもいいことなのですが
考え始めると止まらなくなります

今のところ私にはわかりません。


ダーウィン的には迷ったあげく遺伝情報の
出発点ということでタマゴみたいですね。


神的にはニワトリが先みたいです。たぶん
鶏の方からから造ったんだと思います。


数学の統計的にはタマゴ説があるみたいです。
ニワトリの数とそれが生むタマゴの数の因果関係を
調べた結果だそうです・・・が、そんなんでわかるんですかね?


やはり、難しい問題ですね。

世の中には身近でも意外と
わからないことだらけな気がしますね。

考えてばかりいたらおなかが空いたので
定食屋に来ました。


   * * *


「親子丼一丁!!」

「同時かっ!」(トシ)


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

冬タイヤ

北海道の冬、以前は車は
滑り止めのピンがついている
スパイクタイヤをはいていました。

氷の上では全く滑らなく、
スパイクタイヤの効果は絶大でした。

しかし、雪や氷のない時はピンがアスファルトまで
削ってしまうため、

特に春先は削れたアスファルトが宙に舞う
「車粉」とよばれる公害が起きました。

現在はピンのないスタッドレスタイヤが主流となり

「車粉」公害はなくなりました。

氷上性能が高くなってきたとはいえ、

依然として冬タイヤとしては

優れているスパイクタイヤを

みんながみんなのためにあきらめることが

できました。

いずれスパイクタイヤを凌ぐ
スタッドレスタイヤがでてくるかも
しれませんが、
こういうみんなの英断は
忘れたくないものですね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

ホット北海道

冬の北海道の室内は暖かいです。
むしろ暑いと感じることさえあります。

暖房が完備されているからなのは
言うまでもありませんが、

暑ければストーブを消せば
と、不思議に思う人も
少なくないでしょう。

それはストーブを消すと
寒いからです。
零下の外気は半端じゃありません。

ちょっと消してまた点ければとお思いでしょうが
ストーブは一度消すと再点火に
時間がかかるものが多いのです。

で、微小燃焼にするのですが
微小にも限度があり、
気密性の高い家では
やはり暑くなってしまいます。

窓を開けて室温を下げるのも
なんだかもったいないですしね。

そんなわけで真冬でも家で
肌着でアイスを食ったり
ビールをがぶ飲みしてる
やつもいるのです(若いころの私)

ちなみにエアコンがない家が多いので
夏も暑いです!


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

徳川埋蔵金

江戸幕府が地中に隠したらしい
”THE GOLD”

多くの伝説を持つ埋蔵金ですね。

現在でも、探している人がいるようです。

かつて重機を使っての
埋蔵金発掘大プロジェクトをテレビで
見たことがありました。

日本の土木建築技術の
すばらしさを見ることができました・・・。

今もどこかに莫大な財宝が眠っていると
考えるとロマンがありますね。


ちなみに間違って見つけ(てしまっ)た場合

○ 持ち主(国?)に返して、報奨金10%〜。

○ 持ち主が不明の場合、 見つけた人と地主で折半。


これは持ち主が分からないパターンで

決まりですかね。


苫小牧のホテル
ご予約・お問合せは 0144-32-1122

コメント (0)

 

Copyright c 2013 苫小牧グリーンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb